BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

マイクロロケーションデータサービスを強化。アドインテ、第三者割当増資を実施

引受先は、株式会社東京ドーム

株式会社アドインテは、2019年7月23日、株式会社東京ドームを引受先とする第三者割当増資を行ったと発表しました。

アドインテは、O2Oサービス『AIBeacon』の開発・提供などを手がける企業です。今回の増資と同時に同社は、東京ドームとの資本業務提携を締結。『AIBeacon』を活用したマイクロロケーションデータサービスの強化を行うとしています。

スマートフォンのデータマイニング技術を利用

アドインテは、「Advertising with intelligence.」のワードから生まれた造語を、社名としている企業です。同社は、言語解析技術や行動分析技術を活用した広告配信事業を主軸として、事業を展開。産学連携による潤沢で精度の高い技術力と、画期的なアイデアを融合させる形で、ユニークなビジネスを創出しています。

同社の『AIBeacon』は、スマートフォンのデータマイニング技術を利用する形で開発されたO2Oサービスです。商業施設などに設置された『AIBeacon』端末にユーザーが近づくと、そのユーザーの行動特性を取得。それぞれ特性に合った効果的なアプローチを即時的に行うことが、可能になっています。

DMPを東京ドームと共同で開発・提供へ

マイクロロケーションによる生活行動分析は、多様な顧客接点の確立においてますます重要度を増しています。『AIBeacon』は、このマイクロロケーションにおける回遊分析にも活用が可能であり、東京ドームの資本業務提携もこうした分析に重点を置く形で行われます。

アドインテは今後、位置情報と機械学習技術を組み込んだDMPを東京ドームと共同で開発・提供し、ユーザーの体験向上を目指すとしています。

(画像は写真素材 足成より)

▼外部リンク

株式会社アドインテ
http://adinte.co.jp/

アドインテが、株式会社東京ドームとの資本業務提携を締結 – PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top