BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

トヨタなど、超小型EV車シェアリングサービスの実証実験開始

3社協働、走行データを使用した実証実験を開始

2019年7月18日、社会実証推進協議会に参画しているトヨタ自動車ら3社は、「コムス」(超小型EV車)のシェアリングサービス「Ha:mo RIDE(ハーモライド)」の走行データを活用した実証実験を行うと発表しました。

この実証実験は、2019年9月9日から2019年10月13日まで、豊田市内にて実施します。

豊田市の社会実証推進協議会とは

豊田市につながる議会で、正式名称は「豊田市つながる社会実証推進協議会」です。豊田市を基盤にしている、企業、大学、金融機関、商工団体などと行政が連携して地域の課題解決を目指す目的で設立されました。

「Ha:mo RIDE」の実証実験の協働企業は、議会に参画するトヨタ自動車株式会社、あいおいニッセイ同和損害保険株式会社、ユーピーアール株式会社です。

実証実験の内容

今回の実験は、走行車の利用データから、安全運転意識向上や事故発生時の安心感提供が実現されているかの検証が目的です。安心感提供の検証は、運転中に運転継続が困難と想定される大きな衝撃を受けた場合、自動的に自動通報受信デスクに通知され、運営会社が「Ha:moあんしんコール」を実施し、利用者に電話連絡する仕組みの実施検証になります。

トヨタ自動車では、実験に参加したHa:mo RIDE会員の安全運転を5段階評価し、ポイント等を提供します。安全運転の仕組み構築、安全運転への意識向上に貢献しています。

Ha:mo RIDE とは

Ha:moはEV車のため、環境にやさしく、省エネルギーを実現した小型EV車です。小型のため、省スペース化も実現しました。

「いけるところから、いきたいところへ。ちょこっと乗る」を可能にしたシェアリングネットワークは、交通便のよい場所に設置されている、ステーションからステーションへの乗り捨てができす。

スマートフォンから利用登録するだけで、乗りたいときに乗車でき、使用した分だけの支払いなので駐車場代や燃料費がかかりません。お財布にもやさしい仕組みです。

(画像はニュースリリースより)

▼外部リンク

トヨタ自動車株式会社 ニュースリリース
https://global.toyota/jp/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top