BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

自然会話AIプラットフォーム「commubo」、電話問診サービスプロジェクトで活用開始

医療機関における電話問診のAI化を推進

株式会社flixyと株式会社ソフトフロントジャパンは、2019年7月22日、自然会話AIプラットフォーム『commubo』を活用した電話問診サービスプロジェクトを開始すると発表しました。

flixyは、医療機関向けWEB問診サービス『メルプWEB問診』を提供している企業。ソフトフロントジャパンは、株式会社ソフトフロントホールディングスの子会社であり、『commubo』を展開している企業。両社はこのプロジェクトにより、医療機関における電話問診のAI化を推進するとしています。

『メルプWEB問診』で『commubo』を活用

昨今、医師・看護師の長時間労働は深刻化しています。労働時間の抑制と医療の質の両立が課題化しており、特に外来の患者に対する診察において、その課題は顕著なものとなりました。

flixyは、診察前に実施する問診において時間と人手が取られている現状を、課題と判断。事前に問診が受けられるチャットボットを用いたサービス『メルプWEB問診』の提供開始に至りました。

今回両社が開始するプロジェクトは、この『メルプWEB問診』において電話での問診を実現すべく、ソフトフロントジャパンの『commubo』を活用するというものです。

幅広いユーザーが利用可能なサービスを提供

『commubo』は、音声AIによるデバイスフリー・ハンズフリーの操作性や、即時応答性といった特徴を誇ります。電話問診サービスプロジェクトでは、flixyが保有する各診療科の問診シナリオコンテンツを、『commubo』へ適用反映させる形で実施。幅広いユーザーが利用可能な問診サービスを、提供するとしています。

両社は今後、他の医療コミュニケーション課題に対する適用についても、順次検討していくとのことです。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

「commubo」による電話問診サービスプロジェクトを開始 – 株式会社ソフトフロントホールディングス
http://www.softfront.co.jp/library/2019/07/PR_20190722.pdf

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top