BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

インテック、新機能の追加で商品・顧客情報の連携が簡単に

ARQLIDに新機能追加

株式会社インテックは2019年7月18日、同社の「ARQLID(アークリッド)」の「商品顧客分析サービス」に新機能を追加したと発表しました。

この機能追加によりPOS分析(商品分析)とID-POS分析(顧客分析)の連携による購買動向の分析が、他製品にはない簡単な操作で実現できました。2019年7月より利用が可能です。

商品顧客分析サービスの新機能

株式会社インテックの統合データ活用サービスである「ARQLID」に、POS分析とID-POS分析データから効果的に抽出する機能を追加しました。さらに分析メニューは「デシル分析」(顧客を買い上げ金額の多い順に10のグループに分類)や「トライアル・リピート分析」(リピート顧客が同一商品を購入するかを分析する手法)などの詳細分析機能を追加しています。また、ARQLIDのマイクロサービスAIツールやBIツール、外部ツールの連携が可能になっています。

新機能追加の目的

売り上げに紐づいた個々の顧客の購買行動分析や管理の実現のため、商品と顧客情報をあわせて同システム上で分析できるようにしました。

直感的に操作しやすい画面構成やサービスをクラウド化することで、顧客に与えるストレスを解消しています。

ARQLID(アークリッド)とは

統合データ活用サービスの「ARQLID」はビックデータを使用し、IoT、AIなどの技術を基盤としています。扱う分野は、7分野(商業、医療、製造、金融、農業、交通、観光)が主になります。

顧客独自の問題を解決するソリューションの提案も行っています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

株式会社インテック ニュース
https://www.intec.co.jp/news/2019/0718_1.html

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top