BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

類似特許文献評価システム「AI Samurai」、新製品発表会を東京・有楽町で開催

『AI Samurai』正規版発売に合わせて

株式会社AI Samuraiは、2019年7月26日、同社の基幹事業であるAI搭載型類似特許文献評価システム『AI Samurai』の新製品発表会を、東京・有楽町にて開催します。

同発表会は、同年8月1日の『AI Samurai』正規版発売に合わせて行われるもの。参加者1名には、ライセンスを1年間無料で利用できる権利がプレゼントされるとのことです。

類似特許の文献調査を数分で完遂

『AI Samurai』は、これまで企業の知財部や開発部が数週間をかけて実施していた類似特許の文献調査を、数分で完遂することが可能なシステム。発明内容をテキストボックスに入力すると、特許分類付与・先行技術調査・無効資料調査・クリアランス調査などを、AIが自動で行います。最終的な類似度出力では、独自にランク付けも可能です。

8月1日に発売される『AI Samurai』正規版では、「知財戦略MAP」や「発明者日記」といった新機能を搭載。また、検索を繰り返すほどに検索精度を向上させる「ラーニングサーチ機能」も搭載されます。

ザ・ペニンシュラ東京』グランドボールルームにて開催

新製品発表会当日は、製品説明と共にデモンストレーションを実施。また、テクノロジーとビジネスに関するトークセッションや、プロ阿波踊りエンターテインメント集団『寶船』による踊りも展開される予定です。

『AI Samurai』新製品発表会は、7月26日、東京都千代田区有楽町の『ザ・ペニンシュラ東京』グランドボールルームにて開催。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

AI Samurai 製品発表会 – 株式会社AI Samurai
http://aisamurai.co.jp/page/event_20190726.html

AI Samuraiは7月26日に『AI Samurai』の新製品発表会を東京で開催します – PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/r

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top