BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

日立システムズ「業務効率化支援サービス」、AI-OCR「DX Suite」の販売を開始

RPAによって「働き方改革」を支援するサービス

株式会社日立システムズは、2019年7月18日、同社が展開している『業務効率化支援サービス』においてAI-OCR『DX Suite』の販売を開始しました。

『業務効率化支援サービス』は、RPAによって「働き方改革」を支援するサービス。『DX Suite』は、AI inside 株式会社が開発・展開しているAI-OCRであり、『業務効率化支援サービス』での販売開始にあたり両社は、販売パートナーシップ契約を締結しています。

AIが認識率と生産性を飛躍的に向上

昨今の企業は、業務の効率化や生産性の向上が強く求められています。こうした状況に対応すべく日立システムズは、RPAや用いた業務の自動化などをトータルで支援する『業務効率化支援サービス』を、2019年4月より提供。大企業から中小企業まで幅広いクライアントにおいて、「働き方改革」や業務効率化を実現しています。

今回『業務効率化支援サービス』が販売を開始した『DX Suite』は、従来のOCRでは読み取りが難しかった帳票の手書き文字なども、容易にデジタルデータ化ができるAI-OCRです。文字と文字のつなぎ目や切れ目も、AIが特別な事前学習なしで自動判別するため、認識率と生産性を飛躍的に向上させています。

2021年度末までに、累計20億円の販売を目指す

『DX Suite』販売を開始した『業務効率化支援サービス』について日立システムズは、単純作業の省力化を図る企業や団体に向けて向け、拡販を予定。2021年度末までに、累計20億円の販売を目指すとしています。

なおAI insideは、『DX Suite』の新たなラインアップとして『Multi Form』『AI inside Cube』の展開を開始。『業務効率化支援サービス』では、これらの取り扱いについても検討するとしています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

RPAとAI-OCR「DX Suite」の連携により「業務効率化支援サービス」を強化 – 株式会社日立システムズ
https://www.hitachi-systems.com/news/2019/20190718.html

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top