BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

【複数の判断基準を使い分け】NECが「熟練者の意思決定を模倣」するAI技術を開発

複雑な意思決定を伴う業務を効率化

7月17日、日本電気株式会社(以下、NEC)から、熟練者の過去の行動履歴データかに基づく意思決定モデルを学習し、高度なスキルを要する業務を大幅に効率化するAI技術を開発した旨が発表されました。

この技術の活用を通して、これまで属人的であった(=熟練者による高度な業務の意思決定を必要としてきた)各種の業務における処理スピード・効率の大幅な向上と、熟練者に対する負荷の大幅軽減が実現することが期待されています。

複数の意思決定モデルと切り替えルールを学習

今回開発された技術のポイントは、これまで熟練者が頭の中で行ってきた「複雑な意思決定」を、AIが「複数の意図に分解して学習」する点にあります。

例えば営業活動を例に取ると、成約率の高い営業マンは個々の顧客(常連客や見込み客、初めての客など)それぞれに最適な提案や対応を行うわけですが、それはつまり営業マンが時と場合によって複数の意図、そして判断基準を柔軟に使い分けているということにほかなりません。

NECが開発したAIは、こうした熟練営業マンの行動履歴データから「複数の意思決定モデル」とそれらの「切り替えルール」を学習して、最適な対処を導き出すものとなります。経験の浅い営業に活動指針を出す等の場合において、非常に強力なサポートとなるのは間違いありません。

幅広い領域での意思決定を支援

従来のAI技術では、熟練者の行動を単一の意思決定モデルとして学習して状況に応じた複雑なモデルを構築することは困難だったことから、適用される業務が一定の範囲(単一の意思決定に伴う業務の範囲)に留まるものでした。

それに対して、今回のNECによる新技術は、より幅広い領域での意思決定支援に適用できるという点で、大きな可能性が期待されます。NECは、今後、熟練者への負荷が高い様々な業務への適用を進め、人のパートナーとなりうるAIの開発に取り組んでいくとしています。

このほか、情報の詳細がNECのプレスリリースに掲載されています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

日本電気株式会社 プレスリリース
https://jpn.nec.com/press/201907/20190717_02.html

日本電気株式会社 公式サイト
https://jpn.nec.com/index.html

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top