BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

NTTデータ、信金顧客の資金ニーズ予測サービスを商用化へ

信金顧客の資金ニーズ予測、実証実験完了

株式会社NTTデータと株式会社NTTデータ数理システムは、2019年7月12日、信金顧客の資金ニーズを予測するサービスの実証実験を完了しました。

今回の実証実験で、AI予測モデルの効果がみられました。今後商用化の検討をはじめます。

サービスの概要と効果

信用金庫の取引先の中で、資金が必要な取引先をAIが予測し、訪問先として一覧を作成します。渉外員は一覧をもとに取引先を訪問するため、業務の効率化が図れます。

また、収益の向上も期待できます。2018年度、NTTデータと大阪シティ信用金庫が行った実証実験では、営業成績が約3倍となる効果が出ています。

サービスの安全性

このサービスは、クラウドで提供され、クラウド上でアップロードデータのAI分析が行われます。

アップロードには専用線を使用し、クラウドセンターはFISC安全対策基準(金融機関が求める各種安全基準)を満たしています。以上のことから、サービス自体の安全性を確保しています。

サービスの今後について

NTTデータは今後、渉外業務の「訪問計画策定」、「対面折衝」、「折衝記録作成」、「案件管理」などの信用金庫の渉外業務全般を支援するAIサービスの提供に、取り組む予定です。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

株式会社NTTデータ ニュース
https://www.nttdata.com/jp/ja/news/release/2019/071200/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top