BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

RPAテクノロジーズ「BizRobo!」、大同病院で民間企業を凌ぐ業務効率化を実現

2019年6月より本格的に導入開始

RPAテクノロジーズ株式会社は、2019年7月12日、同社のRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)ツール『BizRobo!』が、社会医療法人宏潤会 大同病院に導入されたと発表しました。

同社は、RPAホールディングス株式会社の子会社であり、RPAのベーステクノロジーを提供している企業。大同病院の『BizRobo!』導入は、同年6月より本格的に開始され、民間企業を凌ぐほどの業務効率化を実現しているとのことです。

ルーティンワークの自動化を実現

『BizRobo!』は、「ロボット」と「IT」に組み合わせによってホワイトカラーの生産性を革新し、社会全体の働き方も変えていくデジタルレイバープラットフォームです。

従来は人間によって行われていた転記作業や情報収集、また数字の集計や入力作業などのルーティンワークについて、『BizRobo!』は自動化を実現。人間は、よりコアワーク中心の働き方へとシフトすることが可能になります。

同ツールはまた、既に10000ロボットもの開発・運用実績とノウハウを保有。これらの知見を活用し、導入時の検討準備や体制構築、さらに全社的な取り組みを見据えた展開についても、適切な支援の提供が可能です。

2019年は「医療業界におけるRPA元年」

大同病院ではこれまでも、BIソリューション導入によりデータ活用が行われていました。しかし、さらなる効率化を企図した同院は、RPA活用を決定。職員へのRPA研修とパイロット開発を経て、本格導入に至りました。同院は『BizRobo!』導入により、年間8000時間におよぶ業務をRPAに置き換えられると試算しています。

RPAテクノロジーズは今回の導入を受け、2019年を「医療業界におけるRPA元年」と位置付けるとしています。

(画像は写真素材 足成より)

▼外部リンク

大同病院がRPAテクノロジーズ「BizRobo!」を活用開始 – RPAテクノロジーズ株式会社
https://rpa-technologies.com/news/information/2035/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top