BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

ぷらっとホーム、クロスドメインIoTデータ伝送・流通基盤「DEXPF」提供開始

データ伝送に特化したIoTプラットフォーム

ぷらっとホーム株式会社は、2019年7月8日、クロスドメインIoTデータ伝送・流通プラットフォーム『DEXPF』のサービス提供を開始しました。

ぷらっとホームは、マイクロサーバの開発製造を手がける企業です。『DEXPF』は、データそのものの保存義務を負わず、データ伝送に特化したIoTプラットフォーム。IoTの安全で信頼できるデータ流通を実現します。

データ連携・利活用を自由に行うことが可能

これまでのIoTプラットフォームは、IoTプラットフォーム間を跨いでのデバイスの利用や、クラウド間を跨いでのデータ・サービス連携が提供できませんでした。多くがシングルドメイン型の設計であり、デバイスとデータを直接管理していたためです。

しかしクロスドメインの『DEXPF』では、IoTにおける各サービスやサービスプラットフォームに対し、任意のIoTデバイスやデバイス群からのアクセスサービスを提供。デバイスとクラウド間、そしてクラウドとクラウド間のデータ連携・利活用を、自由に行うことが可能です。様々な事業者や様々なデバイス群の複数ドメインにまたがるIoTデータの利活用を、実現します。

『point 0 marunouchi』のシステムとして既に採用

データの保存を行わない『DEXPF』は、個人情報・個人データなどの取り扱いにおいて生じる様々なリスクを、最小限にまで抑制。また、サーバレスの仕様であるため、 スモールスタートから失敗のない着実な運用を行うことも可能です。同時に、柔軟でスケーラブルな設計であるため、地球規模で事業を展開する事業者にも対応しています。

なお『DEXPF』は既に、同年7月16日にオープンするコワーキングスペース『point 0 marunouchi』のシステムとして採用されているとのことです。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

クロスドメインIoTデータ流通基盤「DEXPF」をサービス開始 – ぷらっとホーム株式会社
https://www.plathome.co.jp/press-release/20190708-dexpf/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top