BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

NEC、生体認証ログインをWebで可能に

強固なセキュリティソフトを販売

2019年7月1日、日本電気株式会社(NEC)はユーザのデータ活用基盤ソフトウェア「NC7000-3A」を強化して、販売すると発表をしました。

このソフトウェアの販売で、「2020中期経営計画」の「ネットワークの強みを活かした新たな領域におけるサービス事業」の推進をしていきます。

NC7000-3Aとは

「NC7000-3A」はWebID管理、認証機能や事業者にユーザのデータを提供する機能をもつソフトウェアです。今回の強化で認証方式が、「FIDO認証」(端末での本人認証)になり、強固なセキュリティが実現できました。

なりすまし防止ができ、端末認証が可能なためWebサービスのパスワードレス認証も実現できます。スマートフォンの端末認証は指紋・顔認証に声認証も加わります。ユーザが自由に組み合わせることもできます。

NC7000-3Aの強化内容

「FIDOアライアンス」(2012年7月設立、グローバルな非営利団体)の認証規格に対応した、Webブラウザ上での生体認証が可能になりました。このサーバ認証ソフトウェアは、2019年7月から販売が開始されています。

また、2019年8月より固定フレーズのみ声認証に対応した「クライアントSDK」の販売を開始する予定です。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

NEC プレスリリース
https://jpn.nec.com/press/201907/20190701_01.html

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top