BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

LINE AI技術販売

企業向けにAI技術販売事業を開始

2019年6月27日、LINEはAI技術販売事業の「LINE BRAIN」を開始すると発表しました。2019年7月以降から、AIアシスタント「Clova」開発で蓄積した「音声技術」、「チャットbot」、「文字認識」の技術を提供します。

LINE BRAINとは

「企業とAIの距離を近づける」目的で、企業がAI技術を簡単に利用できるサービスの総称です。

主に「音声認識」、「音声合成」、「OCR」、「画像認識」技術になります。

LINE BRAINの詳細

「LINE BRAIN CHATBOT」は自然言語の理解、応答技術です。自社調査では、質問、応答は他社のチャットbotより正答率が高かったと、技術に誇りをもっています。LINE以外のサービスにも実装が可能です。

「LINE BRAIN OCR」は、画像内の文字認識でテキストデータ変換をします。スクリーンショットや写真、スキャン文字など、精度が高い状態で認識をします。書類(領収書、発注書、請求書)などの登録の活用に期待できます。

「LINE BRAIN SPEECH TO TEXT」は音声テキスト変換技術です。長文のテキスト変換や固有名詞などにも対応されています。

LINE CONFERENCE 2019 「DUET」とは

2019年6月27日に開催された自社イベント「LINE CONFERENCE 2019」では、音声認識、音声合成、チャットbotを組み合わせた「DUET」も紹介されました。「DUET」は自然な電話の応対を行う、音声AIサービスです。

今後、レストランやコールセンターでの活用を目指します。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

LINE ニュース
https://linecorp.com/ja/pr/news/ja/2019/278

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top