BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

スマホアプリのみで本人確認を行う「withID」、クラブイベントの入場に活用へ

本人確認システムとして活用

withID株式会社は、2019年6月30日、同社が開発したデジタルIDアプリケーション『withID』が、同年7月末開催のイベントにおいて新しい身分証確認の方法を提供すると発表しました。

『withID』は、スマートフォンのアプリのみを用いて本人確認および年齢確認を行うシステム。7月28日に株式会社ソナーユーが主催するクラブイベントにおいて、同サービスは本人確認システムとして活用されます。

IDレスを実現するサービス

近年、オンラインサービスの増加に伴って、利用者の本人確認が必要となる機会が急速に増加しています。withIDは、今後も本人確認の需要は高まると予測し、確認作業を迅速にかつ簡単に実施できる社会の実現を企図。そのためのサービスとして、『withID』を開発しました。

『withID』は、スマートフォン一つで本人確認作業を完結し、IDレスを実現するサービスです。ユーザーは、オンライン上の本人確認「eKYC(electronic Know Your Customer)」を『withID』に対して一度行えば、提携サービスの利用時に「eKYC」実施の省略が可能となります。

複数のイベントで導入が決定

『withID』は、2019年6月に開催されたクラブイベントでも、入場時の身分証確認において試験導入された実績を持ちます。今後は、7月28日のイベントに加えて、複数のイベントで導入が決定しているとのことです。

withIDは今後も、本人確認やアカウント管理といった利用現場において『withID』が活用されるよう、事業を推進するとしています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

withID株式会社
https://withid.jp/

withID株式会社が、スマホアプリのみを用いた本人(年齢)確認システムの提供を開始 – PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/0

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top