BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

将棋の棋譜をAIシステムで実現

将棋の棋譜をAIシステムで実現

日本将棋連盟とリコーは2019年6月20日、AI(人工知能)を活用した将棋の棋譜(対局の記録)の作成システムを共同で開発をしたと発表をしました。

将棋の棋譜作成システムとは

盤上の動きを天井のカメラで撮影をし、AIがその映像を解析して自動で棋譜を作ります。映像上の両対局者、着手のタイミングから一手ごとの消費時間の計測・記録ができます。また、両者が同じ手順を繰り返す場合の引き分けの「千日手」にも対応しています。

2019年7月から始まる第9期リコー杯女流王座戦の本戦から実証実験を行い、2020年春以降の本格導入を目指します。

システム開発の背景

将棋の公式戦は年間3000局以上行われています。その全てに立ち会う記録係は、プロの卵である10~20代の奨励会員らです。最近は高校・大学に進む奨励会員が増え、また、棋戦も増加していることから人手不足が発生しています。

棋譜は「棋士の人生」、「将棋連盟の大きな財産」ともいわれ、棋譜を残せなくなることを懸念されていました。このシステム開発にあたり、対局時の「記録係」の無人化も視野にいれています。

株式会社リコー

株式会社リコーは、コピー機やプリンター、それらの複合機、デジタルカメラなどの製造・販売を行う会社です。最近は様々な分野でAIの活用を進めています。

また、同社には将棋部があり、強豪として知られています。2011年から将棋連盟とともに「リコー杯女流王座戦」を主催しています。

(画像はPhotockより)

▼外部リンク

株式会社リコー
https://jp.ricoh.com/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top