BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

ティアフォー、自動運転AIの学習用ラベリングツール「オートマンツール」を無償公開

ラベリング機能を短期間で開発できる

株式会社ティアフォーは、2019年6月21日、自動運転AIの学習用ラベリングツール『オートマンツール』を無償公開したと発表しました。

ティアフォーは、自動運転プラットフォーム事業などを展開している企業です。『オートマンツール』は、様々なラベリング機能を短期間で開発できるツールであり、無償公開は東京大学らと共同で実施されています。

共同研究チームの成果を、ティアフォーが実用化

『オートマンツール』は、ティアフォーが提供している自動運転AIの学習サービス『オートマン』をベースとして開発されました。

『オートマン』は、画像データや3次元点群データをアップロードすると、自動運転AIのモデルを生成するというサービス。深層学習アルゴリズムを活用し、認識対象への物体クラスのラベル付加を実現しました。戦略的創造研究推進事業における東京大学ら共同研究チームの成果を、ティアフォーが実用化する形で提供しています。

『オートマンツール』では、『オートマン』が持つ機能の一部を無償ダウンロード可能のソフトウェアツールとして提供。認識対象に物体クラスのラベルを付加する機能が、オープンソース化されています。

政府系事業のデータセット作成でも既に利用

『オートマンツール』の利用者は、『オートマン』のラベリング機能を改良することが可能になります。ラベリング機能の開発時間を短縮できる点が評価され、国内の政府系事業のデータセット作成でも既に利用されました。

ティアフォーは今後も、高度な自動運転AIの研究開発に資するツールとして『オートマンツール』の機能改良を続けるとのことです。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

オートマン – 株式会社ティアフォー
https://automan.ai/

AutomanTools – github.com
https://github.com/tier4/AutomanTools

ティアフォー、東大らと共同で自動運転AI学習用のラベリングツールを無償公開 – PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top