BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

AI通訳機「ポケトーク W」、東海道新幹線の売店にて増加する外国人客に対応

「のぞみ」停車駅の売店における接客ツール

ソースネクスト株式会社は、2019年6月21日、同社のAI通訳機『ポケトーク W』が東海道新幹線の売店に導入されると発表しました。

『ポケトーク W』は、世界74言語に対応した手のひらサイズのAI通訳機。東海道新幹線での導入は、「のぞみ」停車駅の一部売店における接客ツールという形で行われます。

話しかけるだけで外国語への翻訳

『ポケトーク W』は、話しかけるだけで外国語への翻訳ができる製品です。手のひらサイズでありながら2.4インチの大きい画面を持ち、タッチパネルも採用。また、世界中で使える4G対応のグローバル通信機能も内蔵しているため、世界中に販路を拡大しています。

東海道新幹線への『ポケトーク W』導入は、近年顕著となっている訪日外国人客の増加に対応すべく行われるものです。2017年の時点で、訪日外国人客が利用した交通機関は「鉄道」が約半数を占め、最多となりました。同線にて売店を展開している株式会社ジェイアール東海パッセンジャーズは、交通機関での多言語対応が今後さらに重要になると判断。『ポケトーク W』導入を決定しました。

外国人客に対してスムーズな接客サービスを提供

『ポケトーク W』は、東海道新幹線の売店を利用する外国人客に対して、スムーズな接客サービスを提供すべく活用されます。また、ジェイアール東海パッセンジャーズが取り扱う駅弁の紹介や、商品に関する問い合わせ対応などにも、利用される予定です。

ソースネクストは今後も、「言葉の壁をなくす」というミッションの実現を目指し、『ポケトーク W』の提供を広げていくとのことです。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

AI通訳機「ポケトーク」が東海道新幹線の売店で採用 – ソースネクスト株式会社
https://sourcenext.co.jp/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top