BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

BIプラットフォーム「MicroStrategy 2019」、米ガートナー社のBI調査で高評価を獲得

2019年春より提供が開始された『MicroStrategy 2019』

マイクロストラテジー・ジャパン株式会社は、2019年6月21日、同社のBIプラットフォーム『MicroStrategy 2019』が、米ガートナー社による調査分析レポートにおいて高評価を獲得したと発表しました。

マイクロストラテジー・ジャパンは、エンタープライズソフトウェアの世界的大手であるMicroStrategy社の日本法人。『MicroStrategy 2019』は、2019年春より提供が開始されています。

4つのユースケースのスコアで最高評価を獲得

『MicroStrategy 2019』が高評価を獲得したのは、ガートナー社による『Critical Capabilities for Analytics and Business Intelligence Platforms』です。

このレポートにおいて『MicroStrategy 2019』は、全6つの項目のうち、4つのユースケースのスコアで最高評価を獲得。中でも「OEM or Embedded BI Use Case」については、5点満点の4.64点をマークしています。

またガートナー社の調査によると、『MicroStrategy』は「Modern BI Platforms」分野における世界の市場シェアそのものも拡大。2017年から2018年までの間に、26.3%収益を拡大しているとのことです。

最新のビジネスユースに応える

マイクロストラテジー・ジャパンは『MicroStrategy 2019』について、BIツール市場において最もオープンで包括的なソリューションであると自負。従来のBIアプリケーションが対応し切れていない最新のビジネスユースに応えると共に、「Intelligent Enterprise」に向けた変革も強力に支援するとしています。

(画像は写真素材 足成より)

▼外部リンク

マイクロストラテジー・ジャパン株式会社
https://www.microstrategy.com/jp

MicroStrategy、ガートナーのBI版調査分析レポートで最高評価を獲得 – PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top