BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

BPOセンターにおけるAI強化・拡大。Automagiとディー・キュービック、協業へ

『AMY』開発企業と、BPO事業を手がける企業

Automagi株式会社とディー・キュービック株式会社は、2019年6月21日、BPOセンターにおけるAIソリューションの強化・拡大を目的として協業すると発表しました。

Automagi株式会社は、AIソリューション『AMY』を展開している企業。ディー・キュービックは、キューアンドエーグループでダイレクトマーケティングBPO事業を手がける企業。両社の協業では、『AMY』を活用したBPOセンターソリューションの提供が、同日より開始されています。

顧客対応自動化が図られる

Automagiの『AMY』は、人手・知識の必要なマンパワー依存型の運用業務において、大幅な負荷低減と省力化を実現するAIソリューションです。『AMY』では、機械学習技術と自然言語処理技術を活用することで、業務ナレッジの知識データベース化と、過去事例の検索推定を実現。開発は、通信キャリア会社向けエージェント開発などでAutomagiが培ったAI技術・知見をベースとして、行われました。

両社の協業では、『AMY』のAIチャットボットシステム『AMY AGENT』を活用し、ディー・キュービックのBPOセンターにて顧客対応自動化が図られます。『AMY AGENT』は、AI自体での自己学習機能が優れており、コンタクトセンターにおいても導入後の効率化が期待されています。

クライアント企業のあらゆる活動を支援

ディー・キュービックのBPOセンターでは今後、AIソリューションのさらなる導入も予定。音声認識やテキスト要約、また会話内容の分類やナレッジの検索などにおいても、AI活用を図るとのことです。

両社は今後も、互いが持つノウハウとソリューションを組み合わせ、クライアント企業のあらゆる活動を支援するとしています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

AIソリューション「AMY」を活用したAIビジネス展開で協業 – ディー・キュービック株式会社
https://www.dcubic.qac.jp/news/news_20190621.html

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top