BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

世界中のニュースからAIが業績の影響を予測。「xenoBrain」、正式版を提供開始

経済ニュースや決算情報をAIが解析

株式会社 xenodata lab.(以下「ゼノデータ・ラボ」)は、2019年6月20日、企業向けSaaSサービス『xenoBrain』正式版の提供を開始しました。

『xenoBrain』は、経済ニュースや決算情報をAIで解析することで、企業の業績への影響を予測するサービスです。正式版の提供開始に際しては、Dow Jones Japan K.K.(以下「ダウ・ジョーンズ」)との業務提携関係を強化。数千におよぶ国内外メディアのニュースが、解析対象となっています。

グローバルメディアであるダウ・ジョーンズと提携

『xenoBrain』は、経済・企業の将来予測をリアルタイムで提供すサービスとして開発されました。同サービスでは、高度な自然言語処理技術を持つAIが、世界中を飛び交うニュースデータの瞬時に実行。次に起こりうる経済事象や将来的に影響を受ける企業を予測し、金融機関の業務効率化や事業会社の経営意思決定を支援しています。

『xenoBrain』の開発にあたりゼノデータ・ラボは、グローバルメディアであるダウ・ジョーンズと2018年に業務提携契約を締結。正式版では、ダウ・ジョーンズが提供するDNAプラットフォームの活用も実現しています。DNAプラットフォームは、世界最多のニュースライセンスを保有し、高度なデータ分析を可能にするデータプラットフォームです。

予測精度が大きく向上したと自負

DNAプラットフォームを活用することで『xenoBrain』は、解析対象となるニュースの数が大幅に拡充することとなりました。そのため、予測精度が大きく向上したと、ゼノデータ・ラボは自負。幅広いニュースから解析された将来予測の提供も可能となっており、また新たな機能として「業種別トレンドランキング」も追加されています。

ゼノデータ・ラボは今後も、『xenoBrain』の機能・分析範囲拡大を予定。「事象分析」機能のリリースも、予定しています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

ダウ・ジョーンズの分析データプラットフォームを活用し、「xenoBrain」正式版を提供 – 株式会社 xenodata lab.
https://www.xenodata-lab.com/news/20190620/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top