BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

グリッドと丸紅情報システムズ、AI開発プラットフォーム「ReNom」販売代理店契約を締結

製造領域などで『ReNom』活用を推進

株式会社グリッドは、2019年6月20日、AI開発プラットフォーム『ReNom』の販売代理店契約を、丸紅情報システムズ株式会社との間で締結したと発表しました。

グリッドは、『ReNom』の開発・提供を手がけるテクノロジーベンチャー。丸紅情報システムズは、最先端ITを駆使したサービスを提供している企業。両社は今後、製造領域や映像監視領域を中心として『ReNom』活用を推進するとしています。

誰でも簡単にAIモデル開発

近年、ビジネス現場におけるAI導入のニーズは、非常に高まっています。しかし、プログラミングや統計などの知識を有したAI人材は不足しており、導入は思うように進んでいません。こうした状況に対応すべく、グリッドは『ReNom』を開発しました。

『ReNom』は、誰でも簡単にAIモデル開発やデータ解析ができることを目指す、AI開発プラットフォームです。ディープラーニングや機械学習などの様々なアルゴリズムを実装しており、膨大な工数がかかる作業についても効率的な実施を実現。また、開発に必要な知識をウエブサイトに公開することで、AIエンジニアの育成も支援しています。

デジタルトランスフォーメーション推進に貢献

今回グリッドと販売代理店契約を締結した丸紅情報システムズは、データサイエンティスト体制を構築しており、AI開発プロジェクトの実績も持ちます。『ReNom』の販売にあたっては、『ReNom』をAI基盤構築のコアとするソリューションなどを提供し、企業のデジタルトランスフォーメーション推進に貢献するとのことです。

グリッドは今後も、「インフラ ライフ イノベーション」を企業理念として、社会インフラの課題解決につながる事業を展開するとしています。

(画像は写真素材 足成より)

▼外部リンク

グリッドと丸紅情報システムズ 「ReNom」の販売代理店契約締結のお知らせ – 株式会社グリッド
https://gridpredict.jp/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top