BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

アイドル作成ツール、オープンβ版 リリース

自分だけのアイドルを作成

株式会社ジーンアイドルは、画像生成AI、音声合成AIを使用して、自分だけのオリジナルアイドルを作成することができるA.I.dols Codebaseのβ版をリリースしました。

2019年6月2日にリリースされたこのβ版は、Ethereumのテストネット上で公開しており、無料で利用することができます。Gene A.I.dolsのプロジェクトは共同プロジェクトです。基礎技術を支えるのは、AIベンチャー会社の株式会社データグリッドとブロックチェーンベンチャーのICOVO AGです。

A.I.dols Codebaseのβ版

人工遺伝子からGAN(敵対的生成ネットワーク)を使用した AI 技術により、アイドルの容姿を作成しています。

本物のアイドルのような画像を生成できる「コードジェネレータ」、アイドル同士を合成して新たに作成する「フュージョン」、作成したアイドルの移籍や合成サポートが可能な「ロゼッタセンター」や「リンクスポット」などの機能を実装しています。

作成したアイドルは、ブロックチェーン上でトークン化されるため、ユーザ自身が保有したり、譲渡したりできます。β版は一定のテスト後、正式版としてリリース予定になっています。その後は更新を重ね、2019年秋には作成したアイドルに「独自ボイス」と「セリフ」、その後冬には「ボディ」、翌年には「対話機能」を導入する予定です。

A.I.dols Codebaseの今後

第二弾として作成したアイドルのトークン化を生かし、ゲームの世界にアイドルの「持ち込み」ができる、アイドル育成ゲーム(「Rosetta Stage(仮名)」)の開発を進めています。

持ち込んだアイドルをスカウト、育成し、一定周期で開催されるオーディションに受かったアイドルは実世界へのデビュー、ユーザには見返りが用意される予定です。ゲームでありながら、スモールビジネスのようなリアルな体験ができるようにし、エンターテイメントサービスとして発展させる計画です。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

GENE A.I.dols
https://gene-aidols.io/jp/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top