BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

キカガク、AIプロジェクト実務を体験できる講座「新アセスメント人材育成コース」開催

AI開発プラットフォーム『ABEJA Platform』も活用

株式会社キカガクは、2019年6月27日と28日、AIプロジェクト実務を体験できる講座『新アセスメント人材育成コース』を開催します。

キカガクは、AI(人工知能)領域において研修事業を展開している企業。同講座は、株式会社ABEJAとコラボレートする形で提供されるものであり、ABEJAのAI開発プラットフォーム『ABEJA Platform』も活用されます。

AI活用の「旗振り役」を養成

『新アセスメント人材育成コース』は、企業がAI活用を推進する際の、いわば「旗振り役」を養成するものとして開発されました。

近年、世界的でAIの活用が当たり前のように行われている中、日本ではAIの導入率が3%程度にしか達していません。導入が進んでいない原因としては、いわゆるAI人材の不足が考えられています。

しかしキカガクはAI人材について、データサイエンティストやエンジニアだけでなく、AIの技術特性と社内業務の両方に知見を持つ人材の重要性も指摘。具体的に「AIをどう活用するか」と構想し、投資対効果も踏まえた企画が立案可能な人材が必要であると考え、同講座のリリースに至りました。

「AI活用の全体像と難所」を学ぶ

『新アセスメント人材育成コース』は、1日目は座学と実践を組み合わせる形で「AIの技術特性」を学習。『G検定公式テキスト』『AI白書』を教材として、体系的かつ効率的な学びを得ることが可能です。ABEJAの『ABEJA Platform』を使って、模擬的なAIプロジェクトをワークショップ形式で実践。「AI活用の全体像と難所」を学ぶものになっています。

同講座は、6月27日と28日、東京・神田のキカガク本社セミナールームにて開催。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

あなたのビジネスにAIを。アセスメント人材育成コース – 株式会社キカガク
https://short-term.kikagaku.co.jp/assessment-course/

AIプロジェクト体験型カリキュラム 「新アセスメント人材育成コース」がデビュー – @Press
https://www.atpress.ne.jp/news/185535

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top