BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

衛星データ活用による経営コンサルティングサービス、提供開始

衛星データを活用したコンサルティング

株式会社エル・ティー・エスは6月12日、衛星データを活用した事業のコンサルティングサービスを行うと発表しました。今後活用領域の拡大が見込まれる新たなデータをベースとして、戦略立案などをサポートします。

分析力を活かしたソリューションを展開

同社は、企業のデータ利活用が普及する中で、衛星データに着目。データ分析やAI導入支援を展開しながら、大学と連携した衛星データ分析の研究を進めてきました。

その知識と経験を活かし、衛星データをベースとした経営戦略や企画立案、マーケティングなどのコンサルティングサービスを行います。また、データ解析が行える人材の採用・育成にも協力してく予定です。

ビジネスへの応用が期待されるデータ

衛星データは、経済活動の動向把握、災害による経済や社会への影響など、様々な分野で活用が進められています。

データの一つに「夜間光データ」があり、リーチの難しい国や地域の社会や経済状況の把握、公共政策の立案や意思決定、ビジネスへの応用などに高い可能性を秘めています。

一般に公開されていながらも活用が難しいとされる衛星データですが、今後普及が進むと考えられることから、経営・プロジェクト戦略のソリューションとして提供に至っています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

株式会社エル・ティー・エスのプレスリリース
https://lt-s.jp/news/pressrelease/2019-06-12

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top