BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

EBASの導入から活用までを支援

アタラとアドビ、EBAS提供で提携

アタラ合同会社は、アドビ システムズ株式会社と顧客企業の高度なデジタルデータの活用を支援する「エクスペリエンスビジネス促進ソリューション(ExperienceBusinessAcceleratorSolution)(略:EBAS)」の提供で提携したことを2019年6月12日に発表しました。

アタラ合同会社とは

2009年9月に設立された、WebAPIを活用したテクノロジー・ソリューションの開発をおこなっている企業です。開発業務以外に、リスティング広告を中心とした運用型広告の戦略立案、体制構築、運用支援事業もおこなっています。

提携によって実現すること

マーケティング中心のデジタルデータ活用を財務や人事、経営にまで広げて、より迅速で的確な経営判断やマーケティングの高速化を図ります。

膨大なデータは、アドビの「Adobe Experience Cloud」にて管理をし、デジタルトランスフォーメーションプラットフォームのDomoなどのツールを介して視覚化します。最適なマーケティングや経営活動を実現するための各種支援は、アタラがおこないます。

お客様の事業を見渡すことで、システムを入れても「活用できない」、「使えない」、「データを統合させたい」などといった課題を解決するための、ノウハウの提供や人材の育成など、さまざまな面で導入から活用まで、支援していきます。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

ATARA
https://www.atara.co.jp/news/ebas.html

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top