BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

【牛さんの健康状態を把握】ダイエーが牛の行動分析システムで管理効率化

6月から本格導入

6月13日、株式会社ダイエー(以下、ダイエー)、デザミス株式会社(以下、テザミス)、NTTテクノクロス株式会社(以下、NTTテクノクロス)の連名で、ダイエーグループの畜産農場において牛の行動モニタリングシステムを本格導入する旨が発表されました。

システムの名称は「U-motion」(ユーモーション)で、ダイエーグループの株式会社鹿児島サンライズファーム(以下、鹿児島SF)の農場にて、この6月から本格導入・稼働されます。

リアルタイムで行動分析

「U-motion」は、専用の個体センサーを取り付けた牛の行動データ(「採食」「飲水」「起立」「横臥」「動態」「反芻」など)を24時間連続して収集、クラウドに蓄積しながら、それを解析することによって健康状態を判断できるという画期的なシステムです。

システム全体はテザミスの開発によるもので、データ解析のアルゴリズムについてはNTTテクノクロスと共同で開発されたものです。

「さつま姫牛」の品質向上と安定供給を目指す

牛肉について、ダイエーは1959年に販売を開始して以来、手頃な価格でおいしい牛肉の安定供給を目指してさまざまな取り組みを続けており、その成果として近年はオリジナル国産黒毛和牛「さつま姫牛」がよく知られています。

「U-motion」活用は、この「さつま姫牛」のさらなる品質向上と安定供給が目的とされて行われるものです。

ダイエーは2017年に約400頭を対象に実験導入して事故や病気の未然防止や管理業務の効率化が確認されたことから今回本格的に導入、2021年度には鹿児島SFの約4000頭すべての牛に装着する予定としています。

このほか、情報の詳細がダイエーのニュースリリースに掲載されています。

(画像は株式会社ダイエー ニュースリリースより)

▼外部リンク

株式会社ダイエー ニュースリリース
http://www.daiei.co.jp/indexes.php/corporate/

株式会社ダイエー 公式サイト
http://www.daiei.co.jp/index.php

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top