BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

ソニー、機械学習を用いた予測分析ソフトウェア「Prediction One」を提供開始

簡単なインターフェースながら高精度な予測を実現

ソニー株式会社は、2019年6月12日、機械学習を用いた予測分析ソフトウェア『Prediction One』の提供を開始したと発表しました。

『Prediction One』は、ソニーが開発し、ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社がサービス化を担ったもの。シンプルで簡単なインターフェースを持ちながら、高精度な予測能力を実現したサービスとなっています。

自社内で開発した予測分析ソフトウェアを提供

ソニーのR&Dセンターでは、同社グループに属する事業組織において、数年前より予測分析の導入を進めてきました。予測分析は、過去の実績から将来の結果を予測するデータ分析手法のひとつ。グループ内へ導入することで、分析で活用される統計アルゴリズムや機械学習機能、またユーザーインターフェースなどの改良を重ねてきたといいます。

近年は、ソニー以外の企業でも「蓄積したデータをビジネスに活用しよう」という動きが活発になってきました。しかし、予測分析はその高い導入効果を誇るものの、同時に高度な専門性を必要とします。この専門性が、予測分析導入の大きな障壁になると、同社は判断。自社内で開発した予測分析ソフトウェアを、『Prediction One』として提供することを決定しました。

予測結果と同時に予測理由も明快に表示される

『Prediction One』は、ソニーが独自開発した最適なモデル選択の技術やデータ前処理の技術によって、高い予測精度を実現。予測結果と同時に予測理由も明快に表示され、関係者への結果説明も容易にしています。また、専門知識や経験がなくても使用できるユーザーインターフェースを持ち、標準的なPC環境でも動作が可能です。

『Prediction One』は当面の間、無料で提供されます。有料化の時期は、決定次第ソニーのWEBページにて発表される予定です。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

機械学習を用いた予測分析ソフトウェア「Prediction One」の提供を開始 – ソニー株式会社
https://www.sonynetwork.co.jp/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top