BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

KDDIエボルバのAIチャットボット、JCBカードサイトの自動応答サービスに採用

AI活用によって高い正答率を実現した『AIChat』

株式会社KDDIエボルバは、2019年6月13日、同社のAIチャットボット『AIChat』が、株式会社ジェーシービー(以下「JCB」)が運営するサイトに導入されたと発表しました。

『AIChat』は、AI活用によって高い正答率を実現し、企業と顧客のコミュニケーション強化などに貢献しているチャットボット。JCBにおいて『AIChat』は、『JCBカードサイト』の問い合わせ自動応答サービス『チャットボット』として、活用されています。

カスタマーエクスペリエンスの向上を支援

KDDIエボルバは、BPO・コンタクトセンター市場におけるアウトソース需要に対応している企業です。「最後にとどくもの。Technology for touching」をコンセプトとして掲げ、『AIChat』や『VisualMenu』といったサービスを開発。通信・金融・製造業など多くクライアント企業に導入され、カスタマーエクスペリエンスの向上や業務効率化の推進を支援しています。

同社の『AIChat』は、コミュニケーション全体をデザインするソリューションを提供しているAIチャットボット。導入サポートから有人チャットでのサポートまで、高いレベルで企業の効率化を支えています。また、今回のJCBへの導入にあたっては、株式会社BEDOREが提供する対話エンジン『BEDORE Conversation』も、『AIChat』に組み込む形で採用されました。

「しおりさん」が最適な回答を24時間自動で行う

『JCBカードサイト』の『チャットボット』は、JCBのカードやサービスに関する質問に対して、チャットオペレータ「しおりさん」が最適な回答を24時間自動で行うというものです。継続的な育成をする「教師あり学習」と自動学習の併用するため、利用が増えるほど正答率が高まるシステムとなっています。

KDDIエボルバは今後も、『AIChat』において顧客の利便性向上に寄与すると共に、真のカスタマーエクスペリエンスを高めるオムニチャネルソリューションを企業に提供するとしています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

JCB、カードやサービスのお問合せにAIを活用した「チャットボット」を開始 – 株式会社KDDIエボルバ
https://www.k-evolva.com/news/detail20190613_02.html

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top