BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

AI議事録作成支援サービス「ProVoXT」、茨城県庁に採用

文字起こし作業の時間と人的負担を大幅に削減

株式会社アドバンスト・メディアは、2019年6月5日、同社のクラウド型議事録作成支援サービス『ProVoXT』が、茨城県庁に採用されたと発表しました。

『ProVoXT』は、AI音声認識を活用することで、文字起こし作業の時間と人的負担を大幅に削減するサービスです。

議事録作成における業務効率化と経費削減のため

近年、企業のみならず自治体においても、「働き方改革」の実現に向けた取り組みが活発に行われるようになっています。そして、AIやRPAを活用した長時間労働の是正などが行われる中、議事録作成における業務効率化と経費削減が、大きな課題として認識されるようになりました。

茨城県庁でもこれまでは、重要な会議や打ち合わせの議事録の作成において、録音した音声を職員が何度も聞き返し文字起こしをしていたといいます。この作業が、会議時間の何倍も時間を要することを、同庁は問題視。作成の負担軽減を目的として、『ProVoXT』が導入され、全庁にて運用が開始されました。

アップロードすると、AIが自動で文字化

『ProVoXT』は、録音した会議音声を専用サーバーにアップロードすると、AIが自動で文字化するというサービス。人力によるゼロからの文字起こしと比較して、より素早く効率的な作業が可能になっています。また認識結果は、専用ソフト『AmiVoice Rewriter』で容易に修正・編集することが可能です。

アドバンスト・メディアは今後も、幅広い業種・業態において業務効率化に貢献する新しいソリューションや顧客サービスを提供するとしています。

(画像は写真素材 足成より)

▼外部リンク

茨城県庁にて、AI音声認識を活用した「ProVoXT」が採用されました – 株式会社アドバンスト・メディア
https://www.advanced-media.co.jp/newsrelease/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top