BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

SAP 調達業務の効率化ツールに新機能を追加

さらに調達業務を効率化

SAPジャパン株式会社は、2019年5月31日にAribaにProcurement Operations Deskを追加すると発表しました。このことにより業務の調達から決済までのプロセスを迅速に進められ、業務の効率化を図ることができます。

SAPジャパン株式会社は機能追加のメリットとして、調達から決済までのプロセスの迅速化によるSLA(サービスレベル)の達成、すべての調達業務の可視性による生産性、効率性、パフォーマンスの向上などをあげています。

(画像はイメージです)

Ariba

仕入れ先、供給元、納品業者との取り引き、連携業務であるサプライチェーンの管理を行い、関連する業務を自動化するシステムです。また様々な製品やサービスに対応しています。

Procurement Operations Desk

ソーシング(商品の仕様や取り引きの条件の規定から取引先の選定、交渉)から決済までのタスク管理、追跡、優先順位付け、サプライヤー、社内関係者全体とのコラボレーションに対応する自動化され、統合化されたクラウドソリューションです。

ロールベースの可視性、人工知能(AI)、関係者によるコラボレーションにより、効率的に調達業務を進めることができます。
人工知能 (AI)などの最新テクノロジーを活用して、使いやすさ、使い勝手、使い心地を実現しています。

▼外部リンク

SAP Japan
https://news.sap.com/japan/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top