BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

「職人の勘」をシステム化

AIがマグロの尾部断面画像から品質を判定

電通は双日と共同で、AIがマグロの尾部断面画像から品質判定するシステムを開発したと、2019年5月29日に発表をしました。

電通グループは少子高齢化が進み、熟練の職人が持つ技能継承が課題となっている現在、様々な産業においてその技術を人工知能(AI)などを活用して継承する取り組みをはじめました。
今回の「AIを使用したマグロの目利き」システム(TUNA SCOPE)は、電通と電通国際情報サービスが取り組む「プロジェクト 匠テック」の一環です。「TUNA SCOPE」システムは後継者不足が深刻なマグロ目利き技能の継承のため開発されました。

TUNA SCOPEシステムとは

マグロの品質を判断する検品作業は、マグロの尾を切りその断面から目視で判断します。マグロ仲買人にとって大切なこの「目利き」は一人前になるまで10年はかかると言われています。この目利き職人技の膨大なデータを機械学習によって継承したのが「TUNA SCOPE」です。

具体的な仕組みとして、天然マグロの尾部断面画像からAIが品質判定を行います。

「TUNA SCOPE」β版はスマートフォンアプリとして実装し、2019年3月に実証実験を実施しました。

実証実験

「TUNA SCOPE」のβ版をマルミフーズ焼津工場での検品業務で試験運用を実施しました。検証結果として、職人と85%の一致度でマグロの品質判定に成功しています。

また、この検品で最高ランクと判定したマグロを「AIマグロ」(商標出願中)とし、「産直グルメ回転ずし 函太郎Tokyo」で5日間にわたって提供し、約1,000皿を販売しました。その際、注文客の約89%から高い満足度を示す回答が得られたと報告しています。

今後の動向

電通グループは「TUNA SCOPE」の精度向上と実用化に向けて取り組むとともに、開発で得たノウハウを他の産業分野でAIによる「目利き」の継承に応用していくことで、社会や企業の課題解決に貢献すると宣言しています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

TUNA SCOPE
http://www.dentsu.co.jp/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top