BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

「一人ブレスト」をAIが支援。「AIブレストスパーク」、オープンβ版を提供開始

TISと株式会社博報堂が共同で開発

TIS株式会社は、2019年6月3日、発想支援クラウドサービス『AIブレストスパーク』オープンβ版の提供を開始しました。

『AIブレストスパーク』は、AI技術を応用することで「アイデアの素」を量産し、企画・開発といった「アイデア出し業務」の効率化を実現するというもの。開発は、TISと株式会社博報堂が共同で行っています。

予想外の単語の組み合わせで、発想の増幅も可能

『AIブレストスパーク』は、TISがこれまでシステムインテグレーションにおいて培ってきたIT業務のノウハウと、AI・ロボット関連の技術力を組み合わせ、さらに「博報堂発想支援メソッド」を実装する形で開発されました。

同サービスでは、入力されたキーワードから共起できる関連語をインターネット上から収集して組み合わせた、新たな「切り口」や「視点」をユーザーに提供します。人力では時間が必要となるアイデアの拡散を効率化すると共に、俯瞰情報、そして予想外の単語の組み合わせなどにより、発想の増幅も可能になるそうです。

創造領域の効率化をAIによって果たす

近年、「働き方改革」による労働時間制限によって、業務時間外に「一人でブレインストーミング」を行う人が増えました。こうした状況をTISは憂慮し、創造領域の効率化をAIによって果たすべく、『AIブレストスパーク』開発に至りました。

『AIブレストスパーク』オープンβ版は、2019年6月30日まで無償提供される予定。同年7月1日からは、正式版の販売開始が予定されています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

発想支援クラウドサービス「AIブレストスパーク」を提供開始 – TIS株式会社
https://www.tis.co.jp/news/2019/tis_news/20190603_1.html

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top