BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

人材確保・教育とRPA導入、地方企業へのソリューションを提案

ヒューマンリソシア × 足利銀行

ヒューマンリソシア株式会社は5月28日、株式会社足利銀行と業務提携したと発表しました。同行が経営支援を行っている企業向けに、人材サービスと業務自動化サービスを推進していくことになりました。

RPA導入による自動化と教育

今回の提携により両社は、栃木県エリアの企業の人材確保に努めながら、ソフトウェアロボットによるRPAを活用した業務自動化サービスを提供していきます。

ヒューマンリソシアのRPAは、業務効率・業務運用の効率化を支援するソリューションで、プログラミングの知識がなくても使いやすいツール。習得することで、業務を自動化させるためのシナリオを作成できます。

同社のサービスでは、「教育」と「活用支援」を行っており、RPA導入の初期段階から、導入の目的理解や研修、スキル習得を行い、ツールを本格導入・活用するための人材教育に力を入れています。

また、スタッフの派遣によるアドバイスや複雑な業務支援の自動化をサポートしています。

深刻な地方の人材不足に取り組む

足利銀行が、2018年に栃木県エリアの営業地域で調査を行ったところ、6割の企業が人材不足を実感しているという結果が出ていることから、地方の課題は深刻化しています。

両社は今回の取り組みを推進し、企業支援と地域の活性に貢献していく予定です。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

ヒューマンリソシアのプレスリリース
https://www.athuman.com/news/2019/rpa_ashigin/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top