BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

電通グループ、バナーを「5秒に1枚」生成する「AIアートディレクター」開発

『ADVANCED CREATIVE MAKER』に搭載

株式会社電通デジタルは、2019年5月28日、AIを活用したクリエーティブ評価機能『AIアートディレクター』を開発したと発表しました。

同機能は、バナー広告を「5秒に1枚」というスピードで大量に生成するというもの。電通デジタルのバナー自動生成AIツール『ADVANCED CREATIVE MAKER』に搭載され、同日より運用が開始されています。

広告判断スキルを数値化して、AIが学習

『AIアートディレクター』の開発は、高い鮮度と多様な表現案が大量に求められるバナー広告について、制作時間短縮ニーズに応えるべく行われました。開発作業は、電通グループ横断プロジェクトチーム『AI MIRAI』活動の一環として行われ、電通デジタルが全体の設計・制作を、データアーティスト株式会社がAIモデルの開発を手がけています。

同機能では、アートディレクターといったスペシャリストが有する広告判断スキルを数値化してAIに学習させることにより、バナー広告の自動選別を実現。KPIに応じたバナーの広告効果予測にも対応し、人間が制作したバナー表現案についても適用が可能となっています。

AIと人の協働を通じた新たなクリエーティブ

『AIアートディレクター』が搭載される『ADVANCED CREATIVE MAKER』は、パフォーマンスが高いコピー・画像などを割り出し、バナーのデザインを組み上げるというもの。効果が高いと予測される結果からランキング表示し、最終的に人の目で出稿案を決定・調整する仕様となっています。

電通デジタルは今後も、AIと人の協働を通じた新たなクリエーティブを開発するとしています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

電通グループ、クリエーティブ評価機能「AIアートディレクター」を開発 – 株式会社電通デジタル
https://www.dentsudigital.co.jp/release/2019/0528-00374/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top