BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

SRA東北、「AIエコシステムプログラム」の「パートナー・オブ・ザ・イヤー」を受賞

仙台のIT企業、SRA東北

株式会社SRA東北は、2019年5月24日、ソフトバンク株式会社が運営する『AIエコシステムプログラム』において「パートナー・オブ・ザ・イヤー」を受賞したと発表しました。

SRA東北は、顧客の業務を支える最適なIT環境を提案・構築している、仙台のIT企業。『AIエコシステムプログラム』は、AIの活用を通じてビジネス拡大・創出を目指すべく開催されているプログラムです。

AI技術を活用したサビ判定『THE JUDGE』

SRA東北は、Webアプリケーションやタブレット端末向けアプリケーションの開発、またサーバ/ネットワークの構築などを手がける企業です。顧客に最適な情報システムを提案/開発すると共に、導入後のアフターフォローも実施。システムのライフサイクル全般におけるサービスを提供しています。

また同社は、今後の社会課題となるインフラ老朽化の解決手段として、AI技術を活用したサビの劣化度判定サービス『THE JUDGE』を開発しました。この『THE JUDGE』は、IBM WatsonのVisual Recognitionを利用して、人間の肉眼では判断しづらい多種多様なサビを、AIを搭載したスマートフォンアプリで判定するというもの。人間のノウハウをAIに学習させることで、スピーディーな意思決定を支援しています。

多くの法人へのAI導入と提案を果たした

SRA東北が今回受賞した『AIエコシステムプログラム』の「パートナー・オブ・ザ・イヤー」は、AIサービスの開発・提供において多くの功績を挙げたパートナー企業に贈られるもの。『THE JUDGE』の提供を通じて、多くの法人へのAI導入と提案を果たし、市場にもAIを普及させたことが評価され、同社は受賞に至っています。

SRA東北は今後も、AIを活用したソリューションサービスの開発・提供を行い、より多くの顧客の満足を目指すとしています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

「AIエコシステムプログラム」で 「パートナー・オブ・ザ・イヤー」を受賞 – 株式会社SRA東北
https://www.sra-tohoku.co.jp/partner-of-the-year

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top