BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

【市場は拡大の見込み】ブロックチェーン活用サービス市場拡大のカギは「商用化」

効果が認知され市場拡大の見込み

5月22日、国内におけるブロックチェーン活用サービス市場に関する調査の結果が矢野経済研究所によって報告されました。

報告では、2019年度における同市場の規模は171億円(事業者売上高ベース)と見込まれ、この先2022年度には1,235億円にまで達するものと予測されています。

この背景としては、例えば食品の流通経路の追跡確認(トレーサビリティ)の分野で活用されることで、物流の透明性向上によるコスト削減や書類チェックに係る時間の短縮など、さまざまな成果を上げ始めていること、またそれによって他の分野でもその応用、商用化が期待される状況があることが指摘されています。

調査の概要

この調査は、矢野経済研究所が国内のIT事業者、ブロックチェーン関連企業等を対象に、専門研究員による直接面談、また電話やメールよるヒアリング、さらに文献調査を併用する方法で、国内ブロックチェーン活用サービス市場を調査し、現況、動向、および将来展望を明らかにしようとしたものです。

なお、この調査における「ブロックチェーン活用サービス市場」が含む商品・サービスは、ブロックチェーンおよびブロックチェーンを補完するソリューション、ブロックチェーンを活用したサービス、ソリューションとされています。市場規模の数値は、これらについての事業者売上高をベースに算出されたものです。

実証実験段階から商用化段階へ次々と移行か

報告では、当初は仮想通貨の基盤として金融機関を中心に注目されたブロックチェーン技術が、近年、幅広い業界においてサプライチェーンや権利証明における効果について認知され、同技術を応用した実証実験を積極的におこなっている現況が挙げられています。

また、このことを踏まえた今後の展望として、2019年度以降は、実証実験段階から商用化に向けた効果検証段階、また本格的な商用化の段階に進む案件が増えていくものと予測されています。

このほか、調査結果の詳細が矢野経済研究所のサイトに掲載されています。

(画像はフリー写真素材ぱくたそ より)

▼外部リンク

矢野経済研究所 プレスリリース
https://www.yano.co.jp/press-release/

矢野経済研究所 公式サイト
https://www.yano.co.jp/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top