BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

オートメーション・エニウェア、AIソリューション「IQ Bot 6.5」提供開始

『IQ Bot』の最新バージョン、『IQ Bot 6.5』

オートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社は、2019年5月23日、AIソリューション『IQ Bot 6.5』の提供を開始しました。

同社は、RPA分野において世界最大のソフトウェアプロバイダーを自認するオートメーション・エニウェアの日本法人。『IQ Bot 6.5』は、同社が展開している『IQ Bot』の最新バージョンにあたります。

モバイル環境の急速な進化に対応

『IQ Bot』は、高度なコグニティブ技術で学習しながらRPAの自動化業務を拡大させるAIソリューションです。最新版『IQ Bot 6.5』では、解像度が低い文書・電子メール・画像からの読み取り処理機能や、日本語を含む190言語への対応が、実装されています。

『IQ Bot 6.5』ではまた、オフィス外でも必要な作業ができるよう、モバイルアプリの提供も開始されました。近年、モバイル端末で業務を行う環境は急速な進化を遂げ、モバイル端末を利用して働く人の数も急増。モバイルアプリ提供は、こうした状況に対応するものであり、外出先などでも『IQ Bot』利用が可能になっています。

信念に基づき、自動化技術を提供

オートメーション・エニウェアが提供するプラットフォームは、多くの企業において世界規模のインテリジェント デジタルワークフォース構築を支援しています。また幅広い業界において、反復的業務に携わる人々を支援するソフトウェアボットも提供しています。

同社は今後も、「創造し、考え、発見するために時間を費やせる人材こそ優れた企業を作り上げる」という信念のもと、自動化技術を提供するとしています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

オートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社
https://www.automationanywhere.com/jp/

オートメーション・エニウェア、 AI機能を強化した「IQ Bot 6.5」を提供開始 – @Press
https://www.atpress.ne.jp/news/184567

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top