BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

AIが回答を提示。サイシード、「クラウドAIコンタクトセンター」開発プロジェクト開始

FAQ・チャットボットを展開しているサイシード

株式会社サイシードは、2019年5月23日、『クラウドAIコンタクトセンター』開発プロジェクトを開始すると発表しました。

同社は、AIを活用したFAQ・チャットボットのシステムを展開している企業。『クラウドAIコンタクトセンター』は、同社技術と『Amazon Connect』『Google Cloud Speech-to-Text』を組み合わせ、コールセンターのオペレーターへの回答候補提示を目指すというものです。

新入社員でも適切な回答が可能

『クラウドAIコンタクトセンター』ではまず、オペレーターと顧客の間でやり取りした対話内容を音声認識で読み取り、AIによる要約を実施。要約文はリアルタイムでテキスト化され、AIがさらなる解析を実施します。解析の結果としてAIは、オペレーターに対して回答候補を提示。新入社員でも適切な回答が可能となり、また後処理時間の短縮も実現します。

この『クラウドAIコンタクトセンター』実現のためにサイシードは、Amazon Web Servicesが提供するクラウド型コールセンターシステム『Amazon Connect』と、Google社が提供する音声テキスト化システム『Cloud Speech-to-Text』との協働を決定。両サービスを組み合わせて商用利用を行うのは、日本初では初の取り組みです。

参画するコンタクトセンター企業も募集

『クラウドAIコンタクトセンター』開発プロジェクトの開始にあたりサイシードは、同社が既に提供しているFAQシステム『sAI Search』を活用した『クラウドAIコンタクトセンターβ版』の提供を開始。また、音声データの学習を進めるべく、同プロジェクトに参画するコンタクトセンター企業の募集も行っています。

なお、参画するコンタクトセンター企業には、「パートナー企業」として『クラウドAIコンタクトセンターβ版』の月額利用料を6ヶ月間半額で提供するとしています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

株式会社サイシード
http://sciseed.jp/

サイシードが『クラウドAIコンタクトセンター』開発プロジェクト開始 – PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top