BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

人事サービス「Tokiwagi」、データ可視化のためBIダッシュボード「MotionBoard」採用

蓄積された膨大な人材データを高速に可視化

ラクラス株式会社は、2019年5月23日、同社の人事クラウドサービス『Tokiwagi』において、ウイングアーク1st株式会社のBIダッシュボード『MotionBoard』を採用したと発表しました。

『Tokiwagi(常盤木)』は、あらゆる人材データを統合人事データベースで一元的に管理する、大企業向けサービス。『MotionBoard』の採用は、蓄積された膨大な人材データを高速に可視化すべく、行われたものです。

人材データを一元的に管理する『Tokiwagi』

人手不足が問題となっている現在の日本の企業では、社員の動機付けと生産性向上、そして退職の防止が、人事戦略において最重要課題となります。こうした課題に対応すべく『Tokiwagi』は、「タレントマネジメント機能」と「就業・給与・福利厚生機能」の人材データを統合人事データベースで一元的に管理。人事戦略上の課題解決を支援すると共に、日常的な人事業務の支援も行っています。

『Tokiwagi』の統合人事データベースは、データの量が多ければ多いほど信頼性が向上するものです。しかし、その量が膨大なものになると、全体像の把握さえ困難になります。そのためラクラスは、膨大なデータを迅速に集計し、グラフにして可視化も可能な『MotionBoard』に着目。今回の採用に至りました。

アクションへつながる活用を可能に

ウイングアーク1stの『MotionBoard』は、様々なデータを必要な形でシンプルに可視化する、BIダッシュボードです。膨大で取り扱いが困難なデータも、アクションへつながる活用を可能にしています。

ラクラスとウイングアーク1stは今後も、人事領域におけるBIツールの有効利用を目指し、共同で研究開発を進めるとしています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

「Tokiwagi」の可視化ツールとして、BIダッシュボード「MotionBoard」を採用 – ラクラス株式会社
https://www.lacras.co.jp/news/1345

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top