BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

AI学習のatama plus、シリーズAラウンドで15億円の資金調達を実施

「教育に、人に、社会に、次の可能性を」

atama plus株式会社は、2019年5月13日、シリーズAラウンドで15億円の資金調達を実施したと発表しました。

同社は、「教育に、人に、社会に、次の可能性を」をミッションとして、AIによる学習最適化の実現を目指している企業。資金調達は、株式会社ジャフコとDCMベンチャーズが運用するファンドを引受先として、第三者割当増資の形で実現しています。

AIが、最適化された「自分専用レッスン」を作成

atama plusは、中高生向けタブレット型教材『atama+(アタマプラス)』を、全国の塾や予備校に提供しています。

この『atama+』は、生徒が「基礎学力を最短で身につける」ことを、AIを活用して目指すというものです。

『atama+』は、生徒一人ひとりが持つ「得意」「苦手」「伸び」「つまずき」「集中状態」といったデータを、「アタマ先生」と命名されたAIが分析。生徒それぞれに最適化された「自分専用レッスン」を作成し、学習の効率化を図っています。

同教材は、学習塾大手である栄光や学研塾ホールディングス、またティエラコムなど500以上の教室で、既に導入。これらの教室で集めたデータにより、アルゴリズムやコンテンツの最適化も日々進められています。

つまずきの根本原因を、データ解析で正確に特定

atama plusは、AI学習の強みとして「さかのぼり学習」を挙げます。

この「さかのぼり学習」は、つまずきの根本を解消して、従来の何倍もの効率で力をつけられるという勉強法。データ解析でつまずきの根本原因を正確に特定し、必要単元を最短で学んで、先へ進むことを実現しています。

今回の増資により同社は、開発スピードのさらなる加速を予定。今後も、満足度を最大化できるプロダクトの強化と、学習塾各社へのサポート体制の強化を図るとしています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

シリーズAラウンドで15億円の資金調達を実施 – atama plus株式会社
https://www.atama.plus/news/764/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top