BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

スカパーJSAT、情報銀行プラットフォームの実現に向け共同研究・実証実験を開始へ

DataSignやインテージらと共同研究・実証実験へ

スカパーJSAT株式会社(以下、スカパーJSAT)が、情報銀行プラットフォーム「スカパー!情報銀行」の実現に向け、7月から他3社と共同研究・実証実験を開始すると、5月9日に発表しました。

同プラットフォームの共同研究・実証実験は、同社が株式会社DataSignや株式会社インテージ、株式会社サイバー・コミュニケーションズと7月から12月にかけて行うもので、スカパー!契約者の中からモニターを選定し、データ登録及び開示を行ってもらいます。

その対価として、モニターにはスカパー!の番組情報や、データ活用企業の広告・サービスの提供に加え、視聴料の還元をしていく予定です。

契約状況や購買履歴などを開示 満足度の向上を目指す

共同研究・実証実験では、株式会社インテージの保有モニター(スカパー!契約者2,500人)から、契約・視聴状況や購買履歴などを開示してもらい、そのデータを株式会社DataSignの情報銀行サービス「paspit(パスピット)」と連携します。

そして、株式会社サイバー・コミュニケーションズが、データ活用企業のメリットの最大化に向けた広告運用を実施。これらが、生活者理解やマーケティングの高度化に寄与することで、顧客満足度の向上を図るほか、スカパー!の事業領域の拡大にもつなげていきます。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

スカパーJSAT株式会社 プレスリリース
https://www.sptvjsat.com/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top