BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

TIS、人の行動パターンを収集・分析するシンガポールのスタートアップ企業と提携締結

『行動パターン分析プラットフォーム』

TIS株式会社は、2019年5月9日、人の行動パターンに特化したAI技術を展開するシンガポールのスタートアップ企業との間で、資本・業務提携を締結したと発表しました。

TISは、TISインテックグループにてサービス型のITソリューションを多数展開している企業。同社が今回提携したのは、SQREEM Technologies PTE.LTD.(以下「SQREEM社」)。SQREEM社は、世界初の『行動パターン分析プラットフォーム』を開発したことで知られています。

30億人から45万パターンの行動情報を収集

SQREEM社が開発した『行動パターン分析プラットフォーム』は、人々の行動とその文脈・ロジックを収集・分析するというもの。人手では実現不可能だった膨大かつ複雑な作業を、独自のAI技術および大量データの取得技術を組み合わせることで、可能にしています。

『行動パターン分析プラットフォーム』の技術を活用してSQREEM社は、60か国30億人から45万パターンの行動情報を収集。この情報を1商品情報と関連づけるデジタル広告サービスを展開しています。また、選挙結果の予想や乳がん治療の拡大、さらには企業の戦略策定や市場分析などの分野でも、実績をあげているそうです。

データ分析のリーディングカンパニーに

TISは、最先端技術の獲得とグローバル市場への展開を、グローバル戦略における重要なマイルストーンと位置付けています。SQREEM社との今回の提携も、その一環として行われたものです。

この提携においてTISは、SQREEM社が持つ高度なAI技術と、TISが強みとする金融機関・製造業などでの業務知識を、融合させる形で活用。AIを利用したデータ分析のリーディングカンパニーとなることを、目指すとしています。

(画像はTISの公式ホームページより)

▼外部リンク

AI技術を展開するシンガポールの「SQREEM社」と資本・業務提携 – TIS株式会社
https://www.tis.co.jp/news/2019/tis_news/20190509_1.html

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top