BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

ICTリテラシー向上シンポジウム「今そこにあるサイバー危機」、東京・本駒込で開催

IoT時代におけるサイバーセキュリティ政策を議論

社会人プログラミング教育研究実行委員会は、2019年6月11日、中小企業・医療業界向けICTリテラシー向上シンポジウム『今そこにあるサイバー危機』を東京・本駒込にて開催します。

同委員会は、社会人を対象としたプログラミング教育を推進し、ICTリテラシーの向上を目指す団体。同シンポジウムでは、IoT時代におけるサイバーセキュリティ政策などについて、議論が行われます。

誰もが基礎知識を身につける必要がある時代

インターネットの発達は、日常生活を便利にすると共に、仕事の効率も格段に向上させました。しかし一方では、ウィルス感染や不正侵入といったサイバーセキュリティに対する脅威も、同時に発生させています。

日本では、「サイバーセキュリティ基本法」の制定をはじめとして、サイバー危機に対処する様々な対策が進められています。しかし、危機に直接遭遇し対処しなければならないのは、あくまでネットに接続している一般人です。

そのため社会人プログラミング教育研究実行委員会は、誰もがインターネット・コンピュータ・プログラミングの基礎知識を身につける必要があると判断。ICTリテラシー向上のための活動を展開しています。

「Ruby」生みの親も登壇予定

シンポジウム『今そこにあるサイバー危機』では、様々な観点から考えるサイバー危機対策や、プログラミング言語開発者から見たICTリテラシーなどについて、議論を実施。また、総務省サイバーセキュリティ統括官付参事官である木村公彦氏や、プログラミング言語「Ruby」の生みの親であるまつもとゆきひろ氏も、登壇する予定です。

『今そこにあるサイバー危機』は、6月11日、東京都文京区本駒込の日本医師会館・大講堂にて開催。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

シンポジウム「今そこにあるサイバー危機」開催決定 – 社会人プログラミング教育研究実行委員会
https://pear.orcamo.co.jp/news/news190424.html

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top