BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

5Gを見据えて。メンバーズ、UXデザインとAI技術を統合させたアプリ開発を開始

第5世代移動通信システム「5G」に対応

株式会社メンバーズは、2019年5月8日、UX(ユーザーエクスペリエンス)デザインとAI技術を統合させたIoT&スマートデバイス用アプリケーション開発サービスを、北九州にて開始したと発表しました。

同社は、Webサイトを中心として顧客体験の向上を支援している企業。開始されたサービスは、第5世代移動通信システム「5G」に対応するものであり、アプリ開発専任チームが創設されています。

技術力とUXデザイン能力の組み合わせが必要

「5G」により超高速大容量通信が実現されると、あらゆる製品とインターネットが接続される「IoT時代」が本格化すると、メンバーズは予測。

企業と顧客のエンゲージメントが大きく変化するため、現在の顧客体験において中心となっているスマートフォンアプリもまた、変化に合わせたものへと進化していく必要があると考えました。

「5G」以後の環境変化に対応できるアプリ開発について同社は、多様なプラットフォームを横断できる技術力と、生活者のニーズに即したUXデザイン能力の組み合わせが、必要であると判断。両方を統合した形でサービスを提供できる専任チームの創設に至りました。

飛躍的な技術向上を見据え、情報収集と実証実験も行う

アプリ開発専任チームは、同社がエンジニアを多数採用・育成している『ウェブガーデン北九州』にて創設されました。開始されたサービスでは、AI技術とUXアプローチを組み合わせる形で、IoTやスマートデバイスアプリを開発。また、今後の顧客体験における飛躍的な技術向上を見据え、情報収集と実証実験も行うそうです。

同社は今後も、顧客リレーションのさらなる高度化と自動化を目指すとしています。

(画像はメンバーズの公式ホームページより)

▼外部リンク

株式会社メンバーズ
https://www.members.co.jp/

5G時代到来に向け、IoT&スマートデバイス用アプリケーション開発サービスを開始 – PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top