BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

AIコンシェルジュ「こまつJapanナビ/こまつAIカブッキー」、小松市で試験運用開始

観光客からの問い合わせに、AIが自動応答

iXIT株式会社は、2019年5月10日、観光客向けAIコンシェルジュサービス『こまつJapanナビ/こまつAIカブッキー』の試験運用を、石川県小松市にて開始しました。

同社は、コンテンツ&ソリューション事業などを展開している企業。『こまつJapanナビ/こまつAIカブッキー』は、同市に訪れた観光客からの問い合わせに、AIが自動応答するものとなっています。

『ObotAI』をベースにAIチャットボットを開発

『こまつJapanナビ/こまつAIカブッキー』は、AIによる自動対応を採用すること9で、24時間365日にわたる対応が可能となったユーザーサポートシステム。

搭載されるAIチャットボットは、iXITのパートナーである株式会社MARIANA OCEAN JAPANが提供した『ObotAI』をベースに開発。英語・簡体字・繁体字に対応し、ストレスのない自然な対話を外国人旅行客と行うことができます。

サイトのデザインは、旅行中の情報収集において最も高頻度で使用されるスマートフォンに最適化。また、様々なSNSプラットフォーム上でも動作するため、「旅マエ」から「旅アト」に至るまでユーザーとの継続的なコミュニケーションが可能となっています。

「お旅まつり」開催に合わせて試験運用開始

今回の『こまつJapanナビ/こまつAIカブッキー』試験運用開始は、多くの訪日外国人旅行客が訪れる小松市の「お旅まつり」開催に合わせて実施されたものです。試験運用では、観光客からの問い合わせに対する学習データの蓄積、課題の抽出、利便性の向上などが行われます。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

観光客向けAIコンシェルジュサービス、石川県小松市と試験運用を開始 – iXIT株式会社
https://www.ixit.co.jp/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top