BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

AI翻訳機「Langogo」、4言語のオフライン翻訳機能追加

英語・中国語・韓国語・日本語に対応

株式会社HAILイノベーションは、2019年5月7日、同社が販売しているAI翻訳機『Langogo』について、4言語のオフライン翻訳機能を追加したと発表しました。

『Langogo』は、世界92言語に対応したAI搭載型の音声翻訳機。今回のオフライン翻訳機能追加では、英語・中国語・韓国語・日本語の4言語に対応しています。

ボタンを押しながら話しかけると、すぐ翻訳

近年、入管法改正に伴う外国人労働者の増加などによって、様々な現場で外国人とのコミュニケーションが求められるようになりました。また2020年には東京オリンピックも控えており、訪日外国人数はさらなる増加が予想されています。こうした状況に対応すべく、HAILイノベーションは『Langogo』を開発しました。

『Langogo』は、ボタンを押しながら話しかけると、すぐ外国語に翻訳してくれるAI音声翻訳機。独自のアルゴリズムを採用することで、最速1秒という翻訳時間を実現しています。面倒な手続きを行うなく利用が開始でき、Wi-Fiルーターとして利用することも可能。翻訳機能に限定した場合、通信料も3年間無料です。

今後も『Langogo』の拡大に注力

これまで『Langogo』は、ネットワーク接続がない状態では翻訳機能を使用できませんでした。しかし今回、オフライン翻訳機能が追加されたことで、地下や山奥といった電波が弱い環境でも外国人とコミュニケーションをとることが可能になっています。

HAILイノベーションは今後も、『Langogo』の拡大に注力していくそうです。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

Langogo – 株式会社HAILイノベーション
https://langogo.hail.co.jp/

AI翻訳機「Langogo」にオフライン翻訳機能(4言語)が追加されました – PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top