BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

日本のこどもは38年連続で減少、15歳未満の人口推計

こどもの数は1,533万人

総務省統計局は5月4日、「こどもの日」にちなみ、人口推計から日本のこどもの数を発表。こどもの数は1,533万人で、38年連続、割合では45年連続で減少しています。

総人口における割合は45年連続で低下

2019年4月1日現在における15歳未満の人口は、1,533万人。前年より18万人減少し、1982年から連続の減少で過去最少となりました。総人口に占めるこどもの割合は12.1%で、45年連続の低下です。

第1次ベビーブーム期の1950年には、こどもは総人口の3分の1を超えていましたが、1965年には4分の1に低下。1970年代の第2次ベビーブーム期にわずかに上昇したものの、1975年から45年連続で低下し、1997年には15.3%、今年の12.1%に続きます。

男女別、年代別、都道府県別のこどもの割合

今年は男子が785万人、女子が748万人。年代別に見ると、12~14歳の中学生の年代は322万人で割合は総人口の2.6%、6~11歳の小学生年代は630万人で5.0%、0~5歳の未就学・乳幼児は581万人で4.6%となりました。

都道府県別に見ると、2018年10月1日現在で増加したのは東京都、同数が沖縄県で、ほかはすべて減少しています。

こどもの割合が高いのは東京都で11.2%、神奈川県は12.1%、愛知県は13.3%、大阪府が12.0%となっています。一方で割合が低いのは秋田県の10.0%、青森県の10.8%、北海道の10.9%などが挙げられています。

(画像は総務省統計局の公式ホームページより)

▼外部リンク

総務省統計局のプレスリリース
https://www.stat.go.jp/data/jinsui/topics/topi1200.html

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top