BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

ココカラファイン、AIを活用した社内Q&Aシステム「ココカラボット」の稼働を開始

タケロボ『マルコシス』を用いた「ココカラボット」

株式会社ココカラファインは、2019年4月26日、AIを活用した社内Q&Aシステムの稼働を開始したと発表しました。

同社は、日本全国でドラッグストア・調剤薬局を展開している企業。今回稼働が開始された社内Q&Aシステムは、タケロボ株式会社の『マルコシス』を用いたものであり、「ココカラボット」という名前が付けられています。

Q&Aへの対応をより迅速化すべく導入

ココカラファインが展開している店舗では、くすり・化粧品・日用品・食品など、取り扱い商品が多岐にわたります。そのため、店舗スタッフに求められる知識は膨大なものとなり、きめ細やかなサービスを実現するためのオペレーションも多様化を極めました。

こうした状況に対応すべく同社は、商品知識・オペレーション・店舗運営・事務手続きなどに関するマニュアルを整備。しかし、日々発生するQ&Aへの対応をより迅速化すべく、今回の「ココカラボット」導入を決定しました。

さらに使いやすいAIシステムへ成長

「ココカラボット」は、同社がこれまでに整備したマニュアルとQ&Aを学習し、店舗などからの様々な質問に答えるというもの。各種デバイスから自然文による問い合わせをするだけで、適切な回答を得ることが可能です。

ココカラファインは今後、「ココカラボット」をさらに使いやすいAIシステムへ成長させるとしています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

AIを活用した社内Q&Aシステムの稼働開始 – 株式会社ココカラファイン
https://corp.cocokarafine.co.jp/20190426_PR01.pdf

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top