BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

3Dモデルが、警戒監視。セコムなど4社、AI活用のバーチャル警備システムを開発

2020年発売に向け実用化が進められている

セコム株式会社は、2019年4月25日、AIを活用した『バーチャル警備システム』の試作機を開発したと発表しました。

この『バーチャル警備システム』は、同社とAGC株式会社、そして株式会社ディー・エヌ・エーと株式会社NTTドコモが、共同で開発したもの。2020年の発売に向けて、実用化が進められているそうです。

AI搭載のバーチャルキャラクター「バーチャル警備員」

警備業は近年、深刻な人手不足に直面しています。セキュリティのニーズが高まる中で、有効求人倍率は約9倍にまで上昇。常駐警備員に頼った警備の維持・拡大は、サービス価格の高騰を招く可能性も出てきました。

今後も社会に「安全・安心」を普及させていくためには、新たな解決策が必要であると、セコムら4社は判断。『バーチャル警備システム』の開発に乗り出しました。同システムは、AIを搭載したバーチャルキャラクター「バーチャル警備員」が、警戒監視や受付などを提供するというもの。この「バーチャル警備員」は、ミラーディスプレイ上に3Dモデルとして表示されます。

必要時には熟練した常駐警備員が対応

『バーチャル警備システム』の「バーチャル警備員」は、捉えた映像や周辺状況をリアルタイムで契約施設内の監視卓へ送信します。そのため、必要時には熟練した常駐警備員による対応が可能。効率的な人員配置によりコスト低減を実現し、幅広い業種の顧客への常駐警備サービス提供を可能にしています。

なお『バーチャル警備システム』は、セコムが保有するセキュリティのノウハウに、AGCとディー・エヌ・エー、そしてNTTドコモの最新技術を掛け合わせる形で、開発されています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

世界初、AIを活用して警備・受付業務を提供する「バーチャル警備システム」を開発 – セコム株式会社
https://www.secom.co.jp/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top