BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

【新たな空港スタッフ】羽田空港にアバターロボット「JET」が登場

期間限定の試験運用

4月19日、日本航空株式会社(JAL)から、空港での活用を想定したアバターロボットを開発し、それを用いたお客様案内業務を試験的に運用することが発表されました。

期間は4月22日から24日で、実施場所は羽田空港国内線第1旅客ターミナル 2階 JALスマイルサポートカウンター付近になります。

なお、アバターロボットには「JET」という愛称がつけられています。空港利用者にとって親しみを感じる良いお名前です。

遠隔操作で空港利用者を案内

アバターロボット「JET」は人型の遠隔操作ロボットで、株式会社インディ・アソシエイツの遠隔操作ロボットをベースに開発されたものです。

なお、(生身の人間による)遠隔操作ロボットを指してアバターロボットというのは、アバターという言葉がおもに「(生身の人間の)分身」を意味するためと考えられます。

「JET」の操作者(JAL側の担当者)は、離れた場所からVR(仮想現実)の技術を使って、ロボットの移動、腕と顔を動かすことによる感情表現をすることができます。また、ロボットを介して利用者との会話を行うこともできます。

小柄でくりくりした目をもつなどの愛らしい外観で、生身の空港スタッフに代わって利用者を案内します。

JALでは、この試験運用の結果を踏まえた機能強化(案内業務以外への活用も検討されるようです)と2020年からの一部実用化が目指されています。

サービス現場におけるロボット活用の目的が一致してきた

今回の「JET」の開発と運用は、JALが以前から行っている「顧客サービスの向上と社員の働きやすい環境作り」を目的としたロボット活用研究の成果の一つと位置づけられます。

アバターや完全自律型など、採用する技術には違いがあるものの、近年、サービスの現場でロボットを導入する取り組みが多く行われるようになりました。それらが目的とするところの多くが、顧客サービスと自社従業員の働きやすさという2点を両立させることで共通するのは興味深いところです。

業種、現場ごとのロボット導入・活用の目的を気にしてみるのも面白いかもしれません。

(画像は日本航空株式会社 プレスリリースより)

▼外部リンク

日本航空株式会社 プレスリリース
http://press.jal.co.jp/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top