BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

インフォアジャパン、クラウドBIプラットフォーム「Birst」の日本提供を開始

「ネットワークBI」というコンセプトで設計

インフォアジャパン株式会社は、2019年4月12日、クラウドBIプラットフォーム『Birst』の日本市場における提供を開始すると発表しました。

インフォアジャパンは、あらゆる業界に特化したクラウド型業務ソフトウェアを展開している米Infor社の日本法人。『Birst』は、企業全体にまたがる分析を可能にする「ネットワークBI」というコンセプトで設計された、クラウドベースのBIプラットフォームです。

業務担当者にも使いやすいセルフサービス分析

『Birst』は、マルチテナントのクラウドアーキテクチャ上に構築され、あらゆるデータソース環境に対応するBIプラットフォーム。ETLプロセスからダッシュボードまでをシームレスに統合し、ビジネスの意思決定に必要な分析機能をワンストップで提供します。

また『Birst』は、各部門の業務担当者にも使いやすいセルフサービス分析に加えて、大企業の中央管理されたエンタープライズ分析にも対応。様々な規模・業種の企業ニーズに応えることで、ビジネス全体の可視化やスマートな意思決定を支援します。

『Infor CloudSuite』のオプションとしても提供

米Infor社は、クラウドを用いた業界特化型のビジネスアプリケーションにおけるグローバルリーダーを自認する企業。17300人を超える社員が、170か所以上の国・地域で68000以上のクライアントを支援しています。

なお『Birst』の提供は、製品単体、あるいは同社の業界特化型クラウドERP『Infor CloudSuite』のオプション機能(Birst for CloudSuite)として行われます。

(画像はインフォアジャパンの公式ホームページより)

▼外部リンク

クラウドBIプラットフォーム「Birst」を提供開始 – インフォアジャパン株式会社
https://www.infor.com/ja-jp/news/20190412-1

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top